dolphin-1019616_1280

美容皮膚科での顔脱毛、顔の産毛が濃い人は効きが悪いの?

ムダ毛処理は脇からスタートする女性も多いものですが、脇は洋服でも隠すことができる部分でもあるので、もしも処理がおろそかになっている状態であっても、最悪の場合には夏でも袖丈が長めの半袖を着用すれば他の人に見られる心配もありません。しかし、顔となれば隠すことができないものであり、年間通して他の人の目にさらされてしまうことにもなるのでいつでも処理が欠かせない部分でもあります。

 

近年では全身脱毛サロンも増え、コース内に顔も含まれていることから顔脱毛に挑戦する人も増えて多くの人に浸透してきた部位です。眉間や眉上をキレイにして眉毛の形をいつでも整えておきたい場合や口周りのムダ毛が濃くて男性のヒゲのように見えてしまうので何とかしたい人、髪の毛から続くもみあげや額の毛が濃いので処理をして女性らしさをアップしたい人、顔全体のムダ毛を処理して肌の色を明るく見せつつ化粧のノリを良くしたい人など、さまざまなケースに顔脱毛は利用されています。

 

顔脱毛は、脱毛サロンやエステサロンの光脱毛であったり、美容皮膚科の医療レーザー脱毛で受けることができます。街中の看板や雑誌など、あらゆる場面で脱毛サロンの広告を見かけることも多いものです。おしゃれなイメージがあって手頃な料金から始めることができ、非常に魅力的に感じて脱毛サロンに通うことを決めた人もいるでしょう。

 

けれども、脱毛サロンの光脱毛は効果を発揮するまでには時間がかかるものであり、サロンによって2~4ヶ月に一度のペースで通うことを2~3年以上といった長期間通うことにもなるのです。毎月の支払料金は手頃であっても、脱毛完了までの予算を考えるととても高額にもなってしまい、さらに脱毛完了となっても脱毛サロンでは永久脱毛をすることができないので、数年後にはまた再び生えてきてサロンに通い始めるということも多いものです。

 

 

施術を受ける前には除毛処理をすること

ムダ毛が減って処理が楽になる程度でいい、と考えている人にはサロンの顔脱毛が向いていますが、本気で脱毛したいと深く悩んでいるのであれば美容皮膚科の医療レーザー脱毛がベストな選択です。美容皮膚科の顔脱毛は、レーザーの光を使用してすすめられています。施術を受ける前には、自宅で除毛処理をしてから来院する必要があります。

 

剃り残しの毛があれば光が反応してやけどの危険性があるので、そのままでは施術を受けることができません。クリニックによってはスタッフがシェービングをしてくれることもありますが、不可能な部位があるクリニックもあります。また、シェービングは顔脱毛の料金に含まれていることもあれば有料のこともあります。

 

顔は鏡を見ながら剃ることになりますが、形状的に凹凸が多いために剃り残してしまう可能性が多い部分でもあります。もしもの剃り残しのためにもどのように対処してもらえるのか事前に確認しておく必要があります。シェービングをしたての肌は非常にデリケートな状態になっているので、できれば施術の当日は避けて前日もしくは前々日に済ませておくと安心です。

 

脱毛施術は、一瞬だけ光るライトを照射されていきます。広範囲の処理が可能な脱毛方法なので、脇のような狭い範囲であれば10分程度で終わってしまうほどです。もしも光の照射時に痛みが発したという場合には、麻酔クリームを用意してもらえるのも医療機関ならではのサービスです。また、施術後の敏感になっている肌に対しては軟膏などの薬を用意してもらえます。

 

 

肌トラブルは? 

顔脱毛は、顔だからこそ肌トラブルを発生させたくないものであり、美容皮膚科では安全を第一に考えて行われていますが、万が一何か肌トラブルが発生したとしても医師のいる場所で行われていることからすぐに対処してもらえるという安心感があります。脱毛施術で発生した肌トラブルの治療に関しては、クリニックで無料保証で提供されているので安心です。

 

美容皮膚科での顔脱毛は、医師の診察によって肌の質や色、毛の量や質などを診察してもらってからカウンセラーと脱毛計画を立てて行われます。その人に合わせた脱毛治療でもあり、医学に基づいて効果的に脱毛をすることができます。脱毛サロンで行われている光脱毛の場合には、サロンによって導入している脱毛器が決まっており、一種類のみということが大半です。

 

そのために、出力の調整だけに頼ってその人の肌や毛の状態に合わせた施術が行われています。しかし、美容皮膚科の顔脱毛の際には、クリニックによって数種類のレーザー脱毛器を所有していることがあります。その人の肌に合わせて、また部位に合わせても使い分けがされているものであり、さらに出力の調整によっても自分の肌や毛の状態に合わせてもらえます。

 

 

メラニン色素にだけ焦点を当てる 

顔脱毛に向いているレーザー脱毛器には、大きく分けるとダイオードレーザーとアレキサンドライトレーザーの二種類があります。女性の顔脱毛となると、主に産毛の処理をすることになります。医療レーザー脱毛や光脱毛は、メラニンでもある黒い色に光が反応するという特徴を生かした脱毛法です。そのために、色の薄い毛になれば反応が悪くなってしまうものですが、医療レーザー脱毛なら種類があるので色の薄い毛に対しても効果を発揮する機種があります。

 

ダイオードレーザーは、毛のメラニン色素に対して効果を発揮するという特徴を持った脱毛器です。肌にもメラニンを持っているものであり、黄色人種でもある日本人の肌質はメラニン色素が多めな傾向にあるため、人によってはこの肌のメラニン色素に光が反応して痛みを発することもあります。

 

けれども、ダイオードレーザーであれば毛のメラニン色素にだけ焦点を当てることができるので痛みに関して安心して受けることができます。光の熱は高温なので、これを保護するために肌の上にジェルを塗ってから光の照射が行われます。一方、アレキサンドライトレーザーも同様に、色の薄い毛に対しても効果を発揮する機種であり、シミやにきびなどの皮膚科の治療としても利用されている安全性の高い機種です。

 

肌の弱い人にも安心して利用することができ、光の熱に対しては照射するとともに冷却ガスを肌に当てて熱を飛ばしていきます。アレキサンドライトレーザーの場合には、ダイオードレーザーのようにジェルを塗る必要がないので、その分だけ施術時間の短縮にもつながります。

 

美容皮膚科の顔脱毛では、主に産毛に焦点を当てた処理がメインとなってくるため、顔の産毛が濃い方の人であれば効きが悪いように思われがちです。しかし、医療レーザー脱毛はメラニンの黒い色に反応させるために色の濃い毛の方が効果を感じることができます。脇や男性のヒゲ、VラインやIラインなど太くて濃い毛に対しては、根深く生えているために効果が出るまでに時間がかかりますが、女性の顔は濃い方と言ってもそこまでの濃い毛は生えないので最も効果を感じることができるタイプの毛になります。

 

色の薄い毛であれば効果を実感できるまでには時間がかかりますが、顔の中でも濃い方に入る毛には早い段階で実感している人も多いものです。ただし、美容皮膚科で設定している出力の調整によっても違いが出てきます。出力を上げて行われるのであれば、脱毛効果は上がるものの痛みの可能性も上がってしまいます。逆に、安全性のために出力を下げ過ぎれば脱毛効果も失われてしまいます。程よい調整が必要であり、施術を行うスタッフの腕にもかかっています。

underwear-689862_1280

毛が濃くても脱毛器で全身脱毛はできる?その効果は?

ムダ毛が濃いことに悩む方は多くいらっしゃいますが、プロの手による脱毛サロンやクリニックに通うのは恥ずかしい気がして敷居が高く感じてしまうということがあります。そういう方が選んでいるのが家庭用の脱毛器です。自宅でセルフ脱毛ができるというこの美容マシーンは、いつでも自分のタイミングでマイペースな脱毛処理ができるということで人気を集めています。

 

一方で、毛が濃い方や硬い剛毛の方でも脱毛器でしっかり全身脱毛の効果があるのかということを心配される声もあります。脱毛器は剛毛の方や濃い方でもしっかりと全身脱毛ができるのか?ということにおいては、毛が薄い方よりも濃い方の方が効果的に脱毛できるというのが脱毛器の特徴です。

 

脱毛器はクリニックで使われているレーザーやエステサロンで使われているフラッシュを家庭用にアレンジして脱毛処理するものですが、これらのレーザーやフラッシュは黒い色素に反応して脱毛処理するという特徴があります。そのため、濃い方や剛毛の方ほどしっかりとレーザーやフラッシュが作用して毛乳頭に働きかけることができるのです。

 

もし剛毛や濃いことを心配されて、家庭用脱毛器にチャレンジできないのであればそれは誤解と言えるでしょう。ただし、こうした濃い方は、処理する際に痛みが強くなってしまうというデメリットもあります。レーザーやフラッシュは濃い色ほど強く作用するので脱毛効果も高まるのですが、痛みも感じやすくなるので、濃い方はそうした点では注意が必要です。

 

日焼けすると脱毛効果が薄まる 

また、脱毛器での脱毛は日焼けしている方や、色が黒い方は肌の色素にフラッシュが反応してしまうことがあります。色が白い方はムダ毛と肌の色のコントラストが強いので、フラッシュの照射がムダ毛のメラニンにのみ反応するので、脱毛器での処理に向いていると言えるでしょう。

 

脱毛器はワキやすねなどの濃い色のムダ毛ほどしっかり作用することができますが、色素の薄い産毛や徐々に脱毛が進んでまばらになったムダ毛、薄くなったムダ毛には作用が弱まってしまうので、だんだん脱毛効果が薄れてきてしまうことがあります。そうならないためにも家庭用脱毛器の中でもレーザーやフラッシュの効果が高いものを選ぶ必要があると言えるでしょう。

 

またデリケートゾーンなど粘膜に近いパーツの脱毛にも不向きですので、こうしたデリケートゾーンの脱毛はプロの手に委ねたほうが良いと言えます。脱毛器のメリットとしてはエステサロンやクリニックに通っての脱毛よりもコストが安いという点があります。脱毛したいけれど、コストが気になってなかなか踏み出せないという方にとってはできるだけ安く処理できるこのマシーンは魅力と言えるでしょう。

 

さらに、いつでも自宅でできるので仕事や学校で忙しい方でも予約や時間調整の必要がないというのも大きなメリットです。また、脱毛しているところを人に見られたくないという方もいらっしゃいますので、そうした恥ずかしい方にとってもセルフで行うことができる脱毛器という選択は利点があります。さらにこのマシーンがあれば、自分だけでなく、兄弟やパートナーといった家族とシェアできるのも魅力と言えるでしょう。カートリッジを買い足していけば、何人でシェアしても使用可能ですし、半永久的に使い続けて脱毛し続けることができます。

 

脱毛サロンは美肌効果 

このように脱毛器での脱毛は大変高い効果がありますが、やはりセルフでの処理になりますので、ムラのない照射は難しいパーツがありますし、粘膜近いデリケートゾーンや、顔の産毛の脱毛などには不向きな部分もあります。こうしたパーツをキレイに脱毛することが出来るのがエステサロンや美容皮膚科でのプロの手による脱毛です。

 

サロンでの脱毛はフラッシュによる脱毛ですが、もともとフラッシュは美顔器のフォトフェイシャルと同じメカニズムなので、毛穴を目立たなくしたり、シミを飛ばして美白に導くという美肌の働きも期待することができます。フラッシュは肌に優しい照射なので、痛みに弱い方でも安心して受けることが出来るというメリットがあるのも特徴です。

 

顔の産毛を脱毛したい方もエステのフラッシュ脱毛を選ぶケースが多く見られますが、それはフラッシュ脱毛の美肌への働きや痛みの少なさが大きな理由と言えるでしょう。エステサロンはもともとキレイになるためのところですので、ただ脱毛をするだけではなく、美肌を目指すさまざまな工夫をしています。

 

施術後にはサロンごとにさまざまな美容成分が入ったゲルを使いフラッシュでほてった肌をクールダウンするなどスキンケアも万全で、デリケートな皮膚など全身のどのパーツへの脱毛にも対応しているという魅力があります。医療機関でのレーザー脱毛の魅力は永久脱毛が可能ということです。医療機関ならではの出力の高いレーザーは毛乳頭を完全に破壊することができるので、脱毛完了すればムダ毛が生えてくることがなくなり永久脱毛が可能となります。

 

また一回の施術で広い範囲の脱毛が可能なので、脱毛に通う回数も少なくすることができます。スピーディーに脱毛を完了させたい方や、脱毛完了の期限がある方に多く選ばれています。医療機関なので、肌が弱い方や、敏感肌の方でも万が一の肌トラブルの際にはすぐに治療をしてもらうことができるのも安心です。

 

清潔な空間で国家資格を持つドクターに安心して全身脱毛を受けられるというのが医療機関でのレーザー脱毛の魅力です。こうしたプロの手による脱毛は、顔などの皮膚が薄いパーツの脱毛や粘膜近くのハイジニーナ脱毛など、難易度の高いパーツの脱毛もキレイに安全に仕上げてもらうことが出来るのが大きな魅力です。自分での脱毛器での施術では照射しにくい背中や、まばらになってきたムダ毛もプロの手による脱毛なら、最後まで美しく処理してもらうことが出来ますし、施術中はゆったりとリラックスしながら受けることができるので、気が楽というメリットもあります。

 

★★★脱毛器での脱毛効果のポイント★★★

・脱毛器は自宅にて自分のペースでできるメリットがあります。

・色白の方、毛が多く濃い方ほどしっかり照射できるので脱毛効果が高まります。

・プロの手による脱毛に比べてコストが安く済むこともあります。

・一台の脱毛器があれば兄弟やパートナーと共有して使うことができ、カートリッジを買い足せば納得するまで使い続けることができます。

・粘膜近くや顔の産毛などは脱毛することができません。

・背中など自分で照射しにくいパーツはムラになってしまう可能性があります。

・脱毛が進んでいき、毛がまばらになってくると脱毛完了しにくくなります。

 

このような点を踏まえると、家庭用脱毛器は近くに脱毛サロンや、医療脱毛クリニックがない方や、時間的にサロンに通う余裕がない方、人に脱毛箇所を見られるのが恥ずかしく感じてしまう方にとっては、自宅でマイペースにムダ毛処理ができる脱毛器は大変便利な脱毛法と言えるでしょう。

ムダ毛の量が多い方や剛毛の方ほどしっかりと脱毛できるのもうれしいポイントですが、自己処理が進んでいくに連れ、まばらになり照射の効果が薄まったり、粘膜近くや背中など照射できないパーツもあるため、プロの手による脱毛も考慮に入れるのが良い場合もあります。

じっくり時間をかけて処理したい方、マイペースに処理したい方にとっては納得がいくまで使うことができる脱毛器は、最適な脱毛法と言えるでしょう。

 

 

wellness-285587_1280

vio脱毛しすぎて産婦人科に行くのが恥ずかしい…vio脱毛しすぎると出産の時どうなる?

現在、多くの美容クリニックやエステサロンでプロの手による脱毛が行われるようになって、ムダ毛処理をプロの手に委ねるのは女性としてのみだしなみの一つとなってきました。もっとも人気があり目立つパーツである、ワキやすねなどの脱毛を終えた方が顔や背中などの脱毛を希望されていますが、同時に人気がある脱毛パーツがvioです。

 

これはショーツのラインのビキニライン、生理用のナプキンが当たるIライン、さらに肛門周りのOラインという脱毛パーツで別名ハイジニーナとも呼ばれていますが、欧米ではこのハイジニーナ脱毛は一般に浸透しており、未処理の人が少ないほど多くの方が行っているものです。

 

日本でもこうしたハイジニーナ脱毛の人気が上昇している理由として、毛深いため、未処理で産婦人科などに通院するのが恥ずかしいと感じている方が増えていることが挙げられます。産婦人科では股間を固定して診察を受けますのでデリケートゾーンを露出してしまうため恥ずかしいと感じてしまう方が多くいらっしゃるのです。

 

同時に、vio脱毛しすぎの状態に関しても恥ずかしいという気持ちを持ってしまう方がおり、vio脱毛しすぎを防ぐためにどの程度の脱毛処理をすればいいのか悩むというケースが増えているのです。vio脱毛しすぎに関してはエステサロンでは脱毛を受ける方の希望通りの脱毛処理を受け付けてくれるので、最初に自分がどの程度の脱毛を希望するのかじっくり考えてエステティシャンに相談してから、処理を受けることでvio脱毛しすぎを防ぐことができます。

 

恥ずかしくないvio脱毛は? 

まずは産婦人科で恥ずかしく感じないためのVラインのvio脱毛しすぎを防ぐポイントを考えます。このラインはさまざまな形に自由に変えて整えることができるという特徴があります。逆に言えばこのVラインこそ、vio脱毛しすぎを実感してしまいやすくなる問題のパーツと言えるでしょう。

 

Vラインの形としては元の形を活かしてナチュラルな逆三角形のトライアングルに整える方が大変多くいらっしゃいます。トライアングルは少々周りの形を整えて全体的に小さくするだけでもかなりスッキリと洗練された印象にすることができる人気のある形です。より自由にファッションを楽しみたい方や、Vラインをスッキリ処理したい方ほど、トライアングルを小さくして処理しますので、指2本分ほどのトライアングルを希望される方もいます。

 

また丸みを帯びた楕円形の形に整えるオーバルは優しい印象を与えることができ、年齢を問わず人気のある形です。さらにセレブや芸能人に人気の形がスクエアです。アイブロウのような細い線上に整えた小さなスクエアから面積を取った太めのスクエアがありますが、上品な印象を与えることができます。

 

ハイジニーナは?

さらに全てのVラインを脱毛してしまうのが衛生を意味するハイジニーナです。vio脱毛しすぎの印象を防ぐためには全てのVラインを脱毛してしまうハイジニーナを避けて、トライアングルに形を整える程度に留めるのがよいでしょう。ただし、トライアングルでも下の部分をvio脱毛しすぎると、正面から見て大事な部分が露出してしまうケースがありますので、温泉やサウナなどで恥ずかしく感じてしまう場合も考えられます。

 

そこで正面から見ても大事な部分が露出しないように、指一本分程度、Vラインの下の部分を残すことで、ナチュラルにIラインに繋げることができ、自然に見せることができます。次にIラインですが、こちらはほぼ全て脱毛してしまって構わないのですが、Vラインに繋がる前の部分は慎重に処理する必要があります。

 

こちらの繋ぎをナチュラルにすることで、vio脱毛しすぎの印象をなくし自然なラインに整えることができるのです。こうした微妙な脱毛処理の形の希望は実績があるサロンやクリニックなら、エステティシャンやスタッフの方から提案をしてくれるケースもありますので、自分の希望する形を伝えてじっくりと相談して納得の上で、実際の脱毛処理に入るようにしましょう。

 

基本的に一度脱毛処理を完了してしまえば、元には戻らないので、vio脱毛の処理に入る前にしっかりと形を確認して脱毛の程度や箇所を伝えることが大切です。Oラインは衛生的な理由からも全て脱毛してしまっても脱毛しすぎということがない、安心なパーツです。vio脱毛しすぎを心配される方がいらっしゃいますが、毎日何十人もの妊婦や患者さんを診察する産婦人科医は、ひとりひとりの毛量や脱毛のしすぎについて気にすることはありません。

 

出産時は無毛状態になる

また、出産の時には分娩時に裂けてしまうのを防ぐために切開をしたり、衛生上の理由からIラインを剃ってしまうことが多く見られます。そのため、出産の時にはvio脱毛しすぎを気にするまでもなく、多くの妊婦さん、産婦さんが無毛の状態になるので安心して大丈夫です。こうしたデリケートゾーンをエステサロンや美容クリニックで脱毛するメリットには大きなものがあります。

 

まず下着や水着を大胆に着こなせるのは大きな魅力です。ムダ毛のはみ出しを気にせずに大胆な水着や下着を身に付け、自分らしく振舞うことができるのはvio脱毛の処理済みならではのメリットと言えるでしょう。また、衛生的な利点も大きなものです。月経中の経血はムダ毛に絡むと処理がしにくく、時間がかかってしまう他にも、蒸れたりニオイの原因にもなりやすく、衛生的にも問題があります。

 

vio脱毛を完了していれば、ムダ毛に経血が絡むのを防げて処理が大変楽ですし、ニオイも気にならずに憂鬱になりがちな月経中も安心して振舞うことができます。同様にOラインの処理を完了していれば体調に関わらず女性としての清潔感をアップすることができ、自信にもつながるでしょう。このようなデリケートゾーンは粘膜に近いところですので、カミソリによる自己処理などは危険ですので、その分プロの手による脱毛が人気を集めており、vio脱毛の様々なメリットがとともに脱毛希望者が増えているのです。

 

 

★★産婦人科受診の際にも恥ずかしくないvio脱毛しすぎを防ぐポイント★★

・Vラインの処理の形、デザインをあらかじめしっかり考え、エステティシャンに相談する

・Vラインの下の部分を脱毛しすぎないようにして、Iラインに繋げるデザインにして、正面から見た大事な部分の露出を防ぐ

・Iラインの前部分はVラインに繋げるようにナチュラルに処理する

・Iラインの後ろ側からOラインにかけては全て脱毛すると衛生的

・vio脱毛の実績が豊富なエステや美容クリニックを選んで申し込む

・全て脱毛するハイジニーナ脱毛はとりあえず避けて様子を見る

 

vio脱毛は受けてみて本当によかった、という満足度が大変高いパーツです。vioのパーツはなにかと蒸れやすく、匂いも心配なパーツですので、月経中などは悩みがつきません。そんなデリケートゾーンを脱毛処理することによって衛生的に管理できることは女性としての自信にもつながりますし、ムダ毛のはみ出しを気にせずに水着や下着などの露出の大きなファッションを楽しめ、自分らしく振る舞えることは大変メリットが大きなものです。

 

ただし一度脱毛完了してしまうと、基本的には元には戻らないのであらかじめ処理の範囲を正確にエステティシャンやスタッフに相談して伝えることが大切です。そのためにも実績があり多くの女性のデリケートゾーンの脱毛処理をしてきたサロンや美容クリニックを選ぶことが大切です。

 

 

naked-453253_1280

夏だ!水着だ!でもVラインのムダ毛処理がめんどくさい…なら痛くない「vio脱毛」

一年で一番楽しみの多い季節が夏です。花火大会やお祭り、プールに海水浴など楽しみな遊びが盛りだくさんです。しかし、夏は一年で一番肌の露出が増える季節です。腕や足、脇のムダ毛の処理は習慣になっていて、忘れることは少ないのですが、いざ水着になったときに気になるのがデリケートゾーンのお手入れです。

 

特にVラインのムダ毛処理を忘れてしまうと、せっかくかわいい水着を着ていても、毛がはみ出てしまったりして台無しになってしまいます。でも、自分ではどのようなお手入れをしたらいいのかわからないという人も意外と多いものです。

 

そんな人は、プロによる脱毛を検討してみましょう。プロによる脱毛とは、サロン脱毛や医療脱毛のことです。サロン脱毛も医療脱毛も、基本的な方法は同じものです。皮膚の上から特殊な光を照射して、毛根にダメージを与えることで毛を減らしていくという方法です。

 

違いは、照射する光のレベルの差

サロン脱毛では、サロンごとの研修をクリアすれば施術することができるもので、特に扱うための資格などは必要ありません。医療脱毛は、照射レベルが強いため医師免許を持っている人でないと施術することができません。そのため、医療脱毛は医師のいるクリニックや美容皮膚科などで行われています。どちらもvio脱毛が出来る方法ですが、効果の出方や完了までの期間、お手入れ中の痛みの差があります。

 

まず効果の出方については、サロン脱毛の場合、個人差はありますが平均的には3回程度通うことで毛が減ってきたことが実感できます。その後6回程度通うと自己処理が軽減されて、12回以上通えば、ほとんど毛がない状態になります。これに対して医療脱毛は、一回の照射レベルが高いので効果も高くなります。平均的に3回程度で自己処理が軽減されて、6回以上通うことでほとんどの毛が無くなります。

 

サロン脱毛と比べると、約半分の回数で完了するような感じです。そのため、早く脱毛を完了させたいという人には医療脱毛のほうが向いています。しかし、サロン脱毛は、脱毛専門店なども登場したことにより、お手入れの価格が安くできる傾向にあります。特に夏に向けてvio脱毛などは、各サロンでキャンペーンなどを開始することが多いので、普段よりもよりお得な価格でお手入れを始めることもできます。

 

これに対して医療脱毛は、基本的にはクリニックや美容皮膚科で行うものなので、価格設定は高めになります。また健康保険がきかないものなので全額自己負担となります。クリニックなどでは、最初のカウンセリング時などに初診料が取られたり、薬の処方がされると処方箋代なども発生する場合があります。

 

時間がかかっても、安く抑えたいという人にはサロン脱毛が良いでしょう。そして最も気になるのが、お手入れ中の痛みについてです。vio脱毛は特にデリケートな部分で毛が太く濃いのに皮膚が薄いので痛みを感じやすい部分になります。医療脱毛は光のレベルが高い分、肌への負担も大きいものとなります。

 

そのため、vio脱毛に限らず、他の部位においても痛みを感じやすくなります。肌の弱い人の場合、施術後に肌が赤くなってしまったり、毛穴にかさぶたが出来てしまうなどの症状が出る場合があります。最初のうちは、毛も太くしっかりとしているので、お手入れ時に痛みが強く、耐えられなくなって途中で通うのをやめてしまうという人もいるほどです。

 

これに対してサロン脱毛は、痛くない脱毛としても人気です。感じ方には多少の差がありますが、vio脱毛の場合でも、輪ゴムではじかれる程度の痛さであると感じる人が多いです。そのため、お手入れ中のストレスもほとんどなく、きちんとお手入れを続けることが出来ます。お手入れが進むにつれて、もともと生えていた毛も細く変化してくるので、痛みはさらに軽減され行きます。

 

施術の前日には自己処理が必要 

初めてvio脱毛を行うときには、ほとんどの人が恥ずかしいと感じますが、回数を重ねていくことで、慣れていきます。相手もプロなので、顔色一つ変えることなくお手入れを進めてくれます。サロン脱毛であれば、女性専用サロンが多いので着替えなども安心して行うことができます。

 

医療脱毛であれば、クリニックによって着替える場所などは異なりますが、待合室等では男性もいる場合があります。どちらの方法であっても注意しなくてはいけない点がいくつかあります。まずは、お手入れ前日には自己処理が必要であるということです。お手入れ箇所を前日に剃毛していかなくてはならないので、慣れないと肌に傷をつけてしまったり剃り残しがある場合があります。

 

vio脱毛の場合、普段お手入れしていない人も多いので、入念に行いましょう。剃り残しのあった場合、サロンやクリニックによって対応は異なりますが、施術を断られたり、有料でシェービングをしてもらう場合もあります。剃り残しがあった場合の対応を事前に確認しておくと、安心できるでしょう。

 

日焼けは注意

他にも、肌のケアをしっかりすることです。日焼けをしてしまった肌や乾燥がひどい場合には、施術が出来なくなります。特に注意したいのが夏場の日焼けです。vio脱毛の場合、日焼けをすることは考えにくいのですが、海水浴などに行ってVライン上部などがひどい日焼けをしている場合、お手入れが出来ない場合もあります。日焼け対策はきちんと行うことが大切です。

 

vio脱毛は、見た目だけではなく、衛生面でもメリットがあります。デリケートゾーンは下着や洋服によって蒸れやすい部分でもあります。特に生理中は経血がついてしまった状態で長時間過ごしていると、かぶれてしまったり、肌トラブルの原因となります。生理中にかぶれやすい人は、蒸れが原因の場合が多いので、vio脱毛を行って、ムダ毛を減らすことで蒸れが軽減します。また経血がつくこともなくなるので、常に衛生的に保つことができます。

 

サロン脱毛であれば、お手入れ後に美容成分の豊富な保湿剤でケアしてくれるので、保湿もしっかりとしてもらえて美肌効果も期待できます。色素沈着などしてしまった肌にも、効果があるものを使用しているサロンもあるので、ムダ毛の処理と同時に美肌ケアも行えます。

 

 

★★★脱毛の選び方のポイント★★★

・サロン脱毛か医療脱毛か脱毛の種類を選びましょう。

それぞれにメリット・デメリットがあります。自分に合った方法できちんと通うことが、もっとも効果的な方法です。

 

・事前準備はしっかりしましょう。

お手入れの前日は自己処理が必要です。施術を断られないためにも、剃り残しなどが無いように丁寧にお手入れしていきましょう。

 

・日頃からお肌のケアを忘れずにしましょう。

脱毛には日焼けや乾燥が大敵です。日焼けや乾燥した肌にはお手入れを行うことが出来ません。特に夏は気を付けていないと、すぐに日焼けしてしまいます。お肌のためにも、脱毛のためにも、日頃からお肌のケアはしっかりと行いましょう。

 

・vio脱毛は予約日に注意する。

vio脱毛の場合、生理と重なると施術することが出来ません。脱毛は完全予約制の場合がほとんどです。生理の予定日付近は避けて予約を取るようにしましょう。

 

・脱毛は時間に余裕をもって開始する。

脱毛は毛周期に合わせて2~3ヶ月に1回のペースでのお手入れになります。サロン脱毛と医療脱毛で、完了までの期間は異なりますが、効果が出るまで何回も通う必要があります。きちんと計算して、脱毛を開始しましょう。

 

 

cosmetics-360309_1280

脇脱毛の疑問。太い毛への効果は?照射漏れがあったら?

最近では脱毛専門サロンも増えてきて、脇脱毛は特に安く行えるようになってきました。脇のムダ毛は他の部位に比べて、太くて目立つ毛が生えてきやすいものです。少し気を抜いていると、すぐに伸びてしまうので、気付いた時にはひどい状態になっていたなんてことも良くあります。

 

いつでも、自信を持って腕を上げられるようなキレイな脇になりたいと思っていても、自己処理ではツルツルのキレイな肌にすることは難しく、また間違えた自己処理を続けていくことで黒ずみや色素沈着の原因となってしまいます。毛抜きによる自己処理を続けている人は、毛穴が開いてしまったり、毛が皮膚の下で伸びてしまう埋もれ毛という毛が増えてしまうというトラブルもあります。

 

埋もれ毛は皮膚を切り毛を出して処理をしなくてはならないので、皮膚にキズをつけなくてはいけない状態になります。また毛穴が開いた状態が続くと、そこからばい菌が入り炎症を起こしてしまう場合があります。顔のニキビと同じように、脇でも炎症を起こしてしまったりキズを繰り返してしまうと、傷跡や毛穴の黒ずみが目立つようになります。

 

このような状態では、腕を上げたり袖のない洋服を着ることに抵抗が出てしまい、好きなファッションを思いっきり楽しむことが出来なくなってしまいます。このような状態にならないためにも、早めにプロによる脱毛へ切り替えたほうが良いでしょう。

 

脇脱毛にはどんな方法があるの?

脇脱毛の方法にはいくつかあります。まず一番安くて手軽に行えるのが、脱毛サロンで行われているフラッシュ脱毛です。これは皮膚の上から特殊な光を当てることで、毛根にダメージを与えて徐々に毛を減らしていく方法です。皮膚の中の黒い色に反応するので、脇のように太い毛に効果が出やすいです。

 

肌への負担が少なく、さらにお手入れ中の痛みもほとんどないので、初めて脇脱毛を行う人にも安心して行える方法です。しかし、完了までの期間は長く、自己処理が楽になるまでには6回程度通う必要があります。ムダ毛のないツルツルの肌になるまでには12回から18回はお手入れが必要です。

 

毛周期という毛の生え変わるサイクルに合わせて2~3ヶ月に1回のペースでのお手入れになるので、2ヵ月毎の定期的に通っても1年以上かけてやっと自己処理が軽減される程度です。気長に通える人に向いている方法です。少しでも早くお手入れを終わらせたいという人には、医療レーザー脱毛が向いています。

 

これはフラッシュ脱毛と仕組みは同じですが、照射する光のレベルが高いものになります。高レベルの光なので、医師免許を持った人でないと施術できないので、医療機関でのお手入れになります。肌への負担が掛かるので、肌の弱い人は、お手入れ後に赤くなってしまったり、毛穴にかさぶたが出来てしまうなどのトラブルもあります。

 

しかしこのようなトラブルがあっても、施術者がお医者さんなのですぐに診察を行ってもらえて、症状に合わせて薬も出してもらえます。アフターケアの面では最も安心できる方法です。しかし、医療機関でのお手入れであっても健康保険は適用されないので、全て自己負担になります。

 

比較的医療レーザー脱毛のほうが高額になりがちですが、脇脱毛に関してはお試し価格が設定されているクリニックも多くなっているので、比較的手軽に行うことが出来ます。照射レベルが高いため、医療レーザー脱毛のほうが、より効果的な脱毛方法です。1回のお手入れで効果を実感できるだけでなく、3回程度で自己処理が楽になってきたことを感じ始め、6回程度通うとほとんど自己処理が必要なくなるので、フラッシュ脱毛の約半分の期間で完了することが出来ます。

 

また医療レーザーでは、毛根を破壊していくのでお手入れが終わった後の毛の再生率も低く、脱毛の効果が長く続くというメリットもあります。脇脱毛のお手入れを始めた頃の太い毛には、より効果が出やすいのですが、お手入れ中の痛みは強くなります。痛みに耐えられない場合には無理をしないで、照射レベルを下げてもらいましょう。

 

痛みを我慢して続けていると、ストレスを感じてしまいきちんと通うのを辞めてしまう場合があります。脇脱毛で最も大切なのは、きちんと定期的に通うことです。フラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛のほかにも、脇脱毛に効果的な方法がニードル脱毛です。フラッシュ脱毛が主流になる前は、サロン脱毛ではニードル脱毛が定番でした。

 

ニードル脱毛とは毛穴一つ一つに電気針を刺して、直接毛根に電流を流し破壊していくという方法です。毛穴一つ一つにお手入れをしていくので、照射漏れなどの心配もなくきれいに全ての毛をお手入れすることが出来ます。しかし、施術者に高い技術力が必要なことと、時間が掛かることでニードル脱毛を行うサロンは少なくなってしまいました。

 

また、価格も高めで、1本いくらという設定なので、脇脱毛を最初からおこなうとなるとかなりの高額になってしまいます。痛みも強いので、痛みに弱い人には向いていない方法です。施術後の肌は赤く腫れてしまったり、毛穴にかさぶたが出来たりしますが、時間と共に落ち着いてくるので心配ありません。再生率が低い方法なので、フラッシュ脱毛で完了したあとに数本生えてきてしまった毛に活用するのも良いでしょう。

 

 

★★★脇脱毛を効果的に行うポイント★★★

・脱毛方法の選択

脇脱毛には大きく分けて3つの方法があります。フラッシュ脱毛は手軽に行える半面、効果が出るまで時間が掛かるというデメリットがあります。また施術者に特に資格が必要なわけではないので、技術力に差があります。未熟な人だと、照射漏れなどの原因となるので注意しなければなりません。

医療レーザー脱毛やニードル脱毛は高い技術力を求められるので、仕上がりはきれいになる可能性が高いです。他にも痛みの強さや料金面なども考えて、自分のライフスタイルに合った方法を選択することが大切です。

 

・通う店舗の選択

脱毛は1回では終わりません。医療レーザー脱毛の場合でも、最低でも半年から1年は通う必要があります。また毛周期に合わせて2~3ヶ月に1回のペースで通うので、通いやすい店舗を選ぶことが大切です。自宅や職場などから近いところを選んでおけば、気軽に通うことが出来るだけでなく、交通費もかからなくて済むので、きちんと定期的に通うことが出来ます。

脱毛専門サロンの中には、会員になると全国の店舗全てを使うことができるというシステムを設けている場合もあります。このような場合には、お出かけした時に出先や出張先の空き時間などにお手入れに通えるので、とても便利です。

 

・日頃のお手入れについて

脇脱毛をより効果的に行うためには、日頃のお手入れがとても大切です。脱毛をする時に日焼けした肌や、乾燥した肌はお手入れが出来なかったり、効果が薄れてしまう場合があります。また肌トラブルを起こしていると、毛周期が乱れてしまい、お手入れにきちんと通ってもタイミングがあわないという結果になってしまう場合もあります。きれいなツルツルの肌を早く手に入れたいのであれば、日頃のケアをきちんとしましょう。

脇も思っている以上に乾燥しやすい部分です。お風呂上りにボディクリームを塗るときには、脇にも塗るように意識しましょう。また毛抜きによるお手入れは、肌への負担が大きく、また毛周期を乱す原因となるので絶対にやめましょう。正しいケアできれいな肌を手に入れましょう。

 

 

underwear-689860_1280

脇脱毛の相場は?短期間で永久脱毛できるのは美容皮膚科?

ムダ毛の処理を行う上で、コストや時間の短縮から自宅でセルフケアを行う女性はかなり多いといわれています。また自宅でお手入れをする際に使用するカミソリや電動シェーバーの他に家庭用脱毛器などの美容機器なども数多く販売されるようになってきていますので、初心者でも気軽にムダ毛の処理を行う事が出来るとして多くの女性が利用するようになっているのです。

 

特に急いでお手入れをしたい時に効果的だとされているカミソリはバスタイムなどに気軽にササッとムダ毛の処理を済ませる事が出来るので、どうしても脱毛をする時間が取れなかった場合に使用するとかなり便利な美容アイテムではありますが、肌から生えているムダ毛しか処理することが出来ませんので時間が経つとすぐにムダ毛が伸びてきてしまいお手入れの頻度が高くなってしまうのです。

 

またカミソリの刃を直接肌に使用するとムダ毛をしっかり処理することが出来る反面、肌表面の角質も一緒に除去してしまうため、高い頻度でお手入れを続けていると肌を保護する角質がなくなり、肌の乾燥や肌荒れ、色素沈着による黒ずみなど肌トラブルに進行してしまう危険があるのです。

 

これはカミソリだけではなく、市販されているワックス脱毛や家庭用脱毛器などを利用しても脇脱毛やデリケートゾーンなどの処理を行うと起こりやすいので、肌質の弱い方は特に安全かつスムーズな脱毛ケアが必要になってくるのです。

 

脱毛サロンでは医療行為は出来ない 

またセルフ脱毛では背中などの背面部のお手入れや、デリケートゾーンのお手入れの時に、出来る範囲が限られてしまうので効率よく脇脱毛などの部分脱毛をはじめ、全身脱毛を済ませてしまいたいのであればエステサロンや脱毛サロンなどを利用して脇脱毛コースや全身脱毛コースを利用して脱毛ケアを済ませる女性も増えてきています。

 

エステサロンや脱毛サロンでは主にフラッシュ脱毛と呼ばれる脱毛マシンを利用しているため、ムダ毛に含まれているメラニン色素に特殊な光が反応し、皮膚に負担をかけることなくムダ毛だけ効率よくケアすることが出来るので、ムダ毛が比較的濃い脇脱毛やアンダーヘアの処理は特に高い脱毛効果を得ることが出来る特徴があります。

 

ただエステサロンや脱毛サロンを利用する上で注意しなくてはいけないのは、エステサロンや脱毛サロンは美容皮膚科クリニックのような医療機関ではないため、医療行為をすることが出来ないという点です。フラッシュ脱毛でも十分に脱毛ケアを済ませる事は出来ますが、クリニックが行うような医療脱毛ほどの脱毛効果はないといわれていますので、完全なる永久脱毛に仕上げることは不可能だといわれています。

 

美容皮膚科クリニックや美容外科クリニックなどの美容施術に特化した医療機関では、医師や看護師などの医療知識のある人の元でしか利用が出来ない『レーザー脱毛機器』を導入していますので、永久脱毛の効果がないといわれているフラッシュ脱毛を利用するよりも短期間で脇脱毛などの部分脱毛や、全身脱毛をスピーディーに済ませる事が出来るメリットがあります。 

 

医療脱毛は痛い? 

そのため何か月かに一度のペースで通わなくてはいけない脱毛サロンやエステサロンを利用するよりも、短期間で脇脱毛を済ませたい方や、一気に全身脱毛を済ませたい方にとって医療脱毛はかなり高い美容効果を得ることができ、多くの女性が利用するようになってきています。ただレーザー脱毛を利用して脇脱毛やVIO脱毛などを行うと、永久脱毛効果がないといわれているフラッシュ脱毛に比べて脱毛照射が高い事により、ある程度の痛みを感じてしまう恐れがあります。

 

痛みの程度はゴムではじかれる程度の痛みだとされていますが、皮膚が薄い脇脱毛やVIO脱毛の場合、腕や足などの部位に比べて特に強い痛みを感じてしまう女性も多いので、どうしても我慢できない場合には脇脱毛などを受ける前に部分的な麻酔施術を受けることによって痛みによるストレスなどを感じることなくお手入れを済ませる事が出来るようになります。

 

ただ定期的に脇脱毛などに麻酔施術を行っていると、脱毛施術の金額の他に麻酔料も増えてしまうので施術料金が高くなってしまう恐れがありますので、利用する場合には事前に施術にかかる金額などを想定しておくと安心してケアを受けることが出来るようになります。

 

美容皮膚科クリニックや美容外科クリニックで受けることが出来る医療脱毛は、永久的な脱毛効果のないフラッシュ脱毛とは異なり、少ない回数でしっかり永久的な脱毛効果を得ることが出来るメリットがありますが、美容に関する医療施術は保険診療外となってしまうので全て自費で支払いをする必要があります。 

 

医療脱毛は合計いくらかかるの?

これは医療脱毛を提供しているクリニックによって使用する脱毛マシンや施術方法が異なることから、施術にかかる相場は異なってきますが部分脱毛だけをケアするのであれば、一度の施術が3000円~10000円程の間でケアを受けることが出来ますし、全身脱毛の場合は回数制限のあるコースから一年間フリープランコースなど施術内容が異なるため、 288,740円 ~961,200円と大きな価格の幅が出ました。

 

ただ施術料金が極端に安いと脱毛効果がないのでは?と不安に感じる方も少なくありません。高い脱毛効果を得る為ならある程度の金額がかかってしまうと思う方も多いのですが、最近ではクリニックによっては初回利用者に向けたキャンペーン割引を行っていたり、学生でも気軽に医療脱毛を受けることが出来るように学割制度を設けるクリニックも増えてきているので、比較的医療脱毛もエステサロンや脱毛サロンのような美容専門施設のように気軽に通える医療機関として注目されているのです。

 

金額もエステサロンでは平均的に全身脱毛を6回で15万円かかるのに対して、医療機関で受ける医療脱毛は全身脱毛を6回で40万円ほどかかるといわれています。若い女性などはコストの安いエステサロンや脱毛サロンを利用しがちですが、エステサロンや脱毛サロンでは即効性のある脱毛効果が得られなかったり、指定された回数の脱毛施術を受けても、ムダ毛が残ってしまうなど完全にケアを済ませる事が出来ないままコースが完了してしまうなど、人によっては完璧に脱毛ケアを済ませる事が出来ない場合があることに対して、医療脱毛は少ない回数でもしっかり脱毛効果を発揮させることが出来ます。

 

また、施術効果が高いので一度目の施術の時点でムダ毛が綺麗に抜ける無毛期を手に入れることが出来るなど、即効性の高い脱毛効果を期待する方にとってかなり高い美容効果を得ることが出来る施術内容になっています。クリニックによってはエステサロンや脱毛サロンのように初回利用者に限り初月から二ヶ月間施術料金が無料になるキャンペーンを行っていたり、お得な脱毛プランを用意している場合もありますので自分に合った脱毛ケアを受けるためには、事前に美容情報サイトなどをチェックして、複数ある美容クリニックの中から自分の希望する脱毛コースを提供してくれるクリニックを選択することにより、スムーズにお手入れを完了させることが可能です。

 

大手の美容クリニックなどは、多くの利用者に対して脱毛ケアを行っている実績の高さもあり、安全に脱毛ケアを済ませたいと思っている肌質のデリケートな方にも安心ですし、万が一、施術によって肌トラブルが起こってしまってもクリニックで適切な処置を受けることが出来ます。

 

 

pretty-woman-635258_1280

顔脱毛やるならエステサロンと医療脱毛、効果あるのはどっち?

レーザーやフラッシュの普及により、プロの手による脱毛を多くの女性が受けられるようになり、ムダ毛処理は身だしなみやマナーの一環として広まっています。ワキやすねなどの処理を終えた方が次に考えるのが、最も目立つパーツでもある顔のムダ毛処理です。顔はその人を印象付ける最も大事なパーツですが一見目立ったムダ毛はないように見えます。

 

ところが、実は顔には細かい産毛が密集して生えているので、気にされる方もとても多いパーツなのです。角度によってはムダ毛のために頬や顎などのフェイスラインが黒く見えてしまったり、口周りにヒゲが生えているように見えてしまう方もいらっしゃいます。また頬や額の細かい産毛はそのままにしておくと光を反射することができないのでくすみの原因にもなってしまいます。

 

ムダ毛処理をした肌はツルツルとして滑りが良くなり、ファンデーションのノリもアップするので美肌を演出する効果も高まります。またムダ毛処理した素肌はファンデーションやコンシーラーなどのメイクの汚れをスッキリとオフできるのでニキビや肌荒れなどの肌トラブルも起こしにくくなるというメリットがあります。

 

このようにメリットが多い顔のムダ毛処理ですが、プロの手によるムダ毛処理を受ける際には美容皮膚科や美容外科などのクリニックで処理を受けるか、エステサロンでの脱毛を選ぶかということで悩む方が多くいらっしゃるのです。 

 

医療脱毛のレーザーは高出力

 まず、クリニックによる顔の医療脱毛を選ぶ方が注目されるのが永久的に効果が持続するというところです。クリニックのレーザーは医療機関ならではの高い出力のものですので、ムダ毛の元となる毛乳頭を完全に破壊することができるため、その処理効果を永久に持続させることができ、顔のムダ毛の自己処理から開放されることができるのです。

 

医療機関ですので、腫れや赤みなどの万が一の肌トラブルが起きた際にもすぐに治療してもらうことができるので敏感肌の方でも安心というのも魅力です。ただし、レーザーは出力が高いためデリケートな顔の皮膚にとっては負担となってしまうことがあり、施術の際に痛みを感じる方は多くいらっしゃいます。

 

ムダ毛処理は受けたいけれど痛みには弱い、という方には不向きな可能性もあるのです。また医療機関のムダ毛処理だからといって全くトラブルが起きないわけではありません。顔の皮膚はわずか0.02ミリというサランラップほどの薄さしかなく、体中で最も皮膚が薄いパーツと言われています。

 

出力の高いレーザーはこのような皮膚の中でも最も薄い顔の皮膚には刺激が強すぎて負担となってしまうことがあるので注意が必要なのです。そのためにクリニックでのムダ毛処理をする際には、実績や症例数などをチェックして信頼できるクリニック選びをすることが大切になってきます。

 

やはり同じ美容外科でも得意分野がありますので、レーザー脱毛に力を入れている名医の在籍するクリニックを選ぶことでレーザーによるムダ毛処理のリスクを大幅に軽減させることができるのです。

 

エステサロン脱毛は美肌効果

 一方エステサロンでのフェイシャル脱毛を選ぶ方が期待するのがエステならではの美肌効果があるというところです。もともとエステでムダ毛処理に使われているフラッシュはフォトフェイシャルという美顔器がベースとなっています。フォトフェイシャルはフラッシュを照射することで、シミやくすみ、ニキビの赤みなどの色素に作用し、一掃する、美肌効果・美白効果があるもので、美顔コースに多く取り入れられてきた実績のある美容マシーンです。

 

血行促進作用や、メラニンの沈着を防ぎ、ムラのない透明感のある肌に仕上げる効果が高く、短時間での美肌を実現できるのがフォトフェイシャルのメリットです。そのためフォトフェイシャルを応用したエステサロンでのフラッシュはムダ毛処理効果だけではなく、肌のキメを整えて、メラニンの沈着を防ぐ高い美肌効果が期待できるのです。さらにフラッシュは痛みが軽くて済むという特徴があります。

 

医療機関でのレーザーは出力が高く、その分痛みも強いのですが、フラッシュは比較的痛みが軽く、サロンによってはほとんど無痛での処理を行っているところもあります。痛みが少ないということは照射のパワーが低めということですので、その分肌への刺激が弱く肌トラブルを起こしにくいので、敏感肌の方にも安心です。

 

その代わり、レーザーでの処理に比べてサロンに通い照射を受ける回数は多くなってしまうでしょう。エステでの処理に長い期間がかかるのはこのためと言えます。もともとエステとは美しくなるところですのでムダ毛処理に関しても、ただムダ毛を脱毛するのではなく、美肌に仕上げるさまざまな工夫をしています。

 

たとえばフラッシュを照射する前に塗布するゲルや、照射後の過敏になっている肌に塗布するクリームも各サロンごとにさまざまな工夫をして肌ダメージをなくし美肌に導く成分を配合しています。フラッシュの熱によりダメージを受けがちな肌に塗布するクリームにはコラーゲンやヒアルロン酸などの高保湿機能がある成分が配合されており、処理後のデリケートな肌をしっとりと落ち着かせる効果が期待できます。

 

またエステはお客様に対して居心地よくリラックスできる空間を提供することに心を砕いていますので、ムダ毛処理に関しても居心地の良い個室でリラックスしながら処理を受けることができるのも魅力です。

 

 

★★顔脱毛のポイント★★

・美容外科、美容皮膚科でのレーザーは永久脱毛が可能です。

・ただし医療機関でのレーザーは痛みが強い場合が多いです。

・医療脱毛は出力が高いため、肌にダメージやトラブルが残る可能性もあります。

・医療機関でのムダ毛処理は、トータルの処理期間を短くすることができるので、スピーディーな完了を目指す方向きです。

・エステサロンのフラッシュによる処理は痛みが少ないので、痛いのが苦手な方に向いています。

・エステのフラッシュは肌のキメを整えたり、美肌効果があります。

・エステならではの居心地のよい空間でリラックスしながら処理することができます。

・フラッシュは優しい脱毛である分、通う期間は長くなり、回数も多くなりますのでじっくり処理できる方に向いています。

 

こうしたことから考えると、デリケートな顔の皮膚を考えるとエステでのフラッシュ脱毛が最適と言えるでしょう。プロの手によるムダ毛処理はキレイになるために受けるものです。一番目立つパーツであるフェイスでムダ毛処理による肌トラブルを起こしてしまっては意味がありませんので、安全で美肌に仕上げることができるエステを選ぶのが安心と言えるでしょう。痛みが苦手な方や、じっくり構えてムダ毛処理をしていける方は長い期間がかかってもエステでの処理は価値のあるものとなります。ムダ毛処理をするだけでなく、美肌効果もあるので、トータルできれいを目指すことができるでしょう。

 

一方、スピーディーなムダ毛処理や永久脱毛を考える方にとっては医療脱毛を選ぶ価値があります。実績のあるクリニックを選ぶことで、国家資格を持つドクターによる確かな施術を受けることができ、短期間での処理完了を目指すことができます。実際に通ったことがある知り合いや口コミを調べてクリニックやサロンの評判をチェックすることもとても重要ですし、自分のかけられる時間やお金、さらに体質などを考えて最適な処理方法を選ぶことが大切です。

 

 

水着

サロンでの顔脱毛は痛くない?その効果は?

顔の産毛は気をつけないと女性でも意外と生えてきやすいものです。特に口の周りや頬、おでこなどはしっかりとした毛が生えている場合もあります。毎日メイクのたびにシェービングを行っている人もいるかもしれませんが、あまりシェービングを頻繁に行うと、肌への負担が大きくなってしまいます。

 

シェービングは、手軽に行えるお手入れ方法として人気ですが、実は、カミソリによってムダ毛だけでなく肌の表面も削り落としてしまっているのです。そのため、頻繁にシェービングを行っていると肌が乾燥してしまったり、色素沈着が起きてしまったりもします。

 

トラブルを起こしている肌は、肌を守ろうとムダ毛がより濃く太く生えてくる場合があるので、お手入れを重ねるたびに毛深くなってしまうという悪循環になってしまう場合もあります。色素沈着や肌トラブルを起こしてしまうと、なかなかきれいな元通りの肌の状態に戻すことは難しくなります。このような状態になる前に、専門の脱毛を行いましょう。

 

顔の脱毛は何回かかる? 

顔脱毛には、いくつかの方法があります。最も痛くなく低価格で行えるのが、フラッシュ脱毛です。これはエステなどで行っているお手入れ方法の、最も代表的なものです。お手入れした居場所に専用のジェルを塗り、その上から特殊な光を照射します。この光の力によって、毛根にダメージを与えていき、ムダ毛を減らしていく方法です。

 

肌への負担も少なく、顔やデリケートゾーンなどもお手入れすることが出来ます。痛くないお手入れ方法なので、痛みに弱い人や肌の弱い人には向いている方法です。しかし、光のレベルが弱いため、効果が出るまでに3回以上通う必要があります。自己処理が軽減されたと感じるまでには6回、ムダ毛がほとんどなくなったと感じるまでには12回以上通う必要があるといわれています。

 

毛周期に合わせて2~3ヶ月に1回のペースでのお手入れなので、長期間お手入れにかかることを覚悟しておいたほうが良いでしょう。同じくエステで行えるのが、電気針によるニードル脱毛です。これは、毛穴一つ一つに針を刺して、直接毛根に電流を流し破壊していく方法です。

 

フラッシュよりも効果が高いこと、お手入れが完了した毛に関しては再生率が低いので永久脱毛と呼ばれる場合もあります。毛周期に関係なくお手入れを進められることと、細い産毛にもしっかりと対応できるというメリットがあります。しかし、このニードルでのお手入れは技術力が必要となるため、行っている店舗が非常に少ないことや、価格が1本につきいくらという設定なので、本数が多い場合だと高額なることがあります。

 

また毛穴に針を刺していくので、個人差はありますが、痛みを感じやすいお手入れ方法です。施術直後は毛穴が開いた状態になったり、赤みが出たりするので、お手入れ後のスケジュールには注意しましょう。毛穴一つ一つにお手入れを行っていくので、顔の産毛のような細い毛をきれいにしたいという場合には向いている方法です。

 

医療脱毛は強力

最後に医療レーザーです。医療レーザーは基本的な仕組みはフラッシュと同じです。皮膚の上からレーザーの光を当てて毛根を破壊していくのですが、この光のレベルが高いものを使用しているため、施術には医師免許が必要になります。そのためお手入れには専門のクリニックや美容皮膚科などに通う必要があります。クリニックなどでは、男性の出入りもあります。

 

顔の脱毛の場合、メイクを落とさなくてはならないので、見られたくないという人は避けたほうが良いでしょう。また初診料や薬を処方された場合には処方箋代などが発生する場合があるので、理解しておきましょう。医療レーザーは光のレベルが高いので、1回での効果が高いことが特徴です。

 

フラッシュに比べると約半分の回数で、お手入れが完了します。しかし、キャンペーンやセット割引などは行っていない場合があるので、高額になりがちです。またクリニックでの施術でも健康保険は適用されないので注意しましょう。肌への刺激が強いため、施術後には赤みが出たり、毛穴にかさぶたが出来るなどの症状が出る場合があります。

 

施術者が医師免許を持った人なので、不安な場合には専用の薬を処方してもらうことも出来ます。このようなアフターケアの面では、とても安心できる方法です。どの方法であっても、顔の全ての部分を脱毛できるわけではありません。口周り、あご、頬、もみ上げ、額などは、どの方法でも行うことが出来ますが、目の周りや小鼻の周りなどはお手入れが出来ない部分となります。

 

サロンやクリニックによって、施術可能箇所は異なっているので、気になる人は各店舗に問い合わせてみると良いでしょう。エステでの脱毛の場合には、無料カウンセリングを実施している場合がほとんどなので、不安な点や疑問点はきちんと聞いて、納得してから通い始めると良いでしょう。

 

★★顔脱毛の方法を選ぶポイント★★

〇お手入れ可能箇所の比較をしてみましょう。

脱毛サロンやクリニックによって、お手入れ可能箇所が異なります。おでこや頬、口周り、もみあげなど、細かく表記されている場合と、大まかに「顔」という表記の場合があるので、細かく知りたい場合には各店舗に直接問い合わせて聞いてみるようにしましょう。

 

〇価格の比較をしましょう。

フラッシュ、ニードル、医療レーザーでは価格設定が異なります。自分の予算に合わせた場合、どの方法が一番良いのかきちんと考えましょう。あまりにも負担が大きくなると、最後まで通えなくなってしまう場合があります。ゆとりを持った計画を立てましょう。

 

〇お手入れ方法を考えましょう。

顔は体の中でも、皮膚が薄く痛みを感じやすい部分でもあります。お手入れ方法には痛みが強いものから、ほとんど痛みを感じないものまで色々あります。自分が痛みに強いのか、またお手入れ中に痛くても我慢が出来るか、さらには痛くてもきちんと定期的に通い続けられるかを慎重に考えましょう。定期的にきちんと通わなくては、お手入れを始めても意味がありません。ストレスが少しでもない状態でお手入れを行っていくことが大切です。

 

〇完了までの期間を考えましょう。

お手入れ方法によって、完了までの期間は大きく異なります。急いで少しでも早く完了したい場合には、痛みに耐えても医療レーザーが良いでしょう。個人差はありますが、大体6回程度でお手入れが完了します。2~3ヶ月に1回のペースで通ったとしても1年から1年半で完了します。長期間かかっても良いから、痛くなくて安く済ませたいという人はフラッシュがよいでしょう。フラッシュの場合、医療レーザーの約2倍の期間がかかるので、長期戦にはなりますが、コストや痛みに関しては軽減されています。

 

〇店舗までのアクセスを考えましょう。

どの方法にしたとしても、約1年は定期的にお手入れに通う必要があります。少しでも安いところに通いたいと思って、自宅や職場から離れた場所に通うことにことにすると、交通費が別にかかってしまったり、通うこと自体が面倒になってしまいます。多少高くても、自宅や職場から近く通いやすい店舗を選ぶことが、最後まできちんと通えるポイントです。

 

〇お肌のケアはきちんとしましょう。

どの方法であっても、お手入れの際に日焼けをしていたり、ひどい乾燥した状態では施術を断られてしまいます。これは、ムダ毛の処理だけでなく美肌を保つためにも日頃のケアはきちんと行いましょう。

 

 

PublicDomainPictures / Pixabay

脱毛サロンでの全身脱毛、剛毛だと出費は増える?

近年では、脱毛は全身脱毛で受けるという女性も増えてきました。ムダ毛処理は脇から始めるという女性が多いものですが、夏になればノースリーブやショートパンツを着用することになり、腕や脚のムダ毛も処理しなければなりません。さらには、海やプールに行けばボディのムダ毛処理もしなくてはならないものであり、剛毛な人になれば毎回カミソリで剃るのも面倒なものです。

 

脱毛は気になる部位ごとにも施術を受けることができ、狭い範囲で部位分けが行われているので予算をかけずにその部分だけの施術を受けることもできます。脚であっても、膝下、膝、膝上、足の甲、足の指などと分かれていて、左右で分けられていることもあります。そのために、範囲が広がるごとに部位の数は思っていた以上に多くなってしまい、料金は加算式となって高額にもなってしまいます。

 

全身脱毛は、まとめてリーズナブルな料金になっているので、ある程度の部位数があれば全身脱毛で申し込んだ方がお得になるケースもあり、これが多くの人に全身脱毛が選ばれている理由の一つでもあります。

 

全身脱毛を受けるには、大きく分けると美容皮膚科や美容クリニックなどの医療機関とサロンの二種類があります。医療機関で行われているのは医療レーザー脱毛であり、レーザーの光を使用して永久脱毛まで行うことができる方法です。一方、サロン脱毛で今日主流となっているのが光脱毛ですが、ニードル脱毛が行われている店舗もあります。

 

光脱毛は、特殊なライトを脱毛したい部分の肌に照射させると、肌の表面を通過して肌の奥にある毛根周辺に作用させることができます。毛は、成長期、退行期、休止期のサイクルを繰り返しており、施術を行った時に成長期に入っていた毛であれば、一週間から二週間程度後に毛根から自然に毛が抜け落ちていきますが、毛根の下にある毛が生えるための指令を出す部分にダメージも与えることもできます。

 

人の毛は抜けては生えることを繰り返しているものであり、抜けたとしても次の毛が生えるように指令が出されて毛が作られてしまいます。けれども、この指令を出す部分が弱まれば毛を作る力も弱まってくるため、今までとは違った細い毛に変わってきます。何度も施術を受け続けることで産毛のような毛質にまで弱まり、次第には生えてこないようになります。

 

剛毛の人では、もともと毛が太くて量が多いことから数回程度の施術でやっと一般の人のような毛質に変わり、そこからさらに施術を繰り返していくことで産毛のような状態に変化させていくために、施術回数はどうしても多めとなってしまいます。

 

サロン脱毛ではさまざまなプランが用意されていて、定額で無制限のプラン、回数制、月額制があります。無制限プランでは、回数にとらわれないものの非常に高額になるので、学生の人にとっては予算的には難しいこともあるでしょう。回数制は、初回のカウンセリングでカウンセラーに脱毛したい部位や毛の量や質を見てもらいながら、自分に合った回数のアドバイスをしてもらえます。

 

回数での契約なので、もしも契約した回数よりも早く脱毛が完了してしまったとなれば、残りの回数分は損をすることになってしまいます。逆に、剛毛で申し込んだ回数内で脱毛が完了しなかった場合には、再契約をして追加プランを申し込まなければならず、思わぬ出費ともなってしまいます。

 

今日、多くのサロンで導入し始めるようになった月額制プランは、自分の毛の仕上がりに合わせて納得ができるまで通うことができます。最低通わなくてはならない回数が数回設定されているなどの制限がある店舗もありますが、最大回数に制限されないので早く終わって無駄になることもなく、剛毛でなかなか完了しなくても気が済むまで通い続けることができます。

 

料金は、習い事をするときのように毎月月謝のように定額を支払っていくだけであり、学生さんにも多く利用されているように一か月あたりの支払額は手頃な料金に設定されています。頭金や入会金、年会費などがないので、先にまとまった資金を用意しておかなければならないということはなく、すぐにでも始めることができます。

 

分けて支払うとなると、ローンやクレジット払いのように利子がかかるように思われがちですが、月額制の利子は店舗側が負担してくれるので無駄な出費がありません。脱毛器の種類によっても範囲の違いはありますが、光脱毛はだいたい3㎝使用程度の広範囲に光るライトを一瞬だけ照射させていくだけなので、全身脱毛のように広範囲の施術であっても施術時間がかかりません。

 

部位ごとの料金、またはワンショットあたりの値段で提供されている店舗もありますが、その照射範囲の中の毛の量や太さなどによって料金が変わるということはありません。剛毛であっても産毛程度の毛が数本生えている状態であっても同じ料金で提供されていることになるので、剛毛による割増料金がかかるということはありません。ただし、根深い剛毛によって脱毛が進まないものであり、回数による出費は必要になってきます。

 

全身脱毛は、光脱毛の他にも今日では行われている店舗も激減してしまったニードル脱毛で施術を受けることができる店舗もあります。処理をしたいムダ毛の毛穴に極細の針のようなものを刺し込み、電気を流すことによって毛根を焼いていく方法です。

 

光脱毛では、タオルで肌をこすったりと施術後には無理に肌をこすったりしてムダ毛を抜くことは禁じられているので、しばらくは今まで通り除毛処理を繰り返していく必要がありますが、ニードル脱毛では施術をしたその場で毛が抜けるので一回でムダ毛の悩みを解決することができます。

 

ただし、スタッフの手作業によって一本ずつ行われるため、作業時間がかかってしまいがちです。部位ごとというよりも一本当たりの値段で提供されていることが多いものであり、本数が多い人になれば予算が高くなることにもなります。ニードル脱毛は永久脱毛までできる方法なのですが、全身脱毛で行えばサロン脱毛よりも、さらに医療レーザー脱毛を受けるよりもはるかに高額になってしまいます。

 

それは、ムダ毛が一本もないほどツルツルに仕上げてほしいという場合であり、剛毛な毛を普通の人の毛の量に見せたいという場合に、全体的にまばらに処理をしてもらうという方法で利用されることもあります。全身脱毛は、施術の方法にもよりますが、どの程度の仕上がりにするのかという点でも予算は変わってきます。

 

一本も生えないほどツルツルにしたいというのであれば、剛毛ではない人であっても、ある程度の回数が必要になり、それによって予算も高くなってきます。けれども、剛毛の人がもともと毛の量が普通の人と同じくらいに見せたいという場合であったり、自宅での除毛処理が楽になる程度の量になればいいと考えているのなら、少ない回数で全身脱毛を完了とさせることができるので施術回数も少なくなり、予算的にも安く済ませることができます。

 

光脱毛の月額制であれば、自分で毛の状態を見ながら期間を調整することができますが、回数制プランであれば最初のカウンセリングでスタッフにしっかりとどのような仕上がりまで脱毛したいかを伝えておく必要があります。また、ニードル脱毛になればムダ毛一本でも予算は変わってくるので、事前にしっかりと相談しながら計画を立ててもらうことが重要です。

リゾート

脱毛の仕方は自分の肌に合ったやり方が大事

28歳コールセンター派遣バイトをしている女性です。私は今まで市販の除毛クリームを使っての脱毛と、家庭用脱毛器を使っての脱毛、それから医療クリニックでのレーザー脱毛経験があります。

 

そもそも脱毛しようと思ったのは、脇の剃り跡を彼氏に見られて「女性なのに脇が黒い」と揶揄われた事からでした。それまではT字剃刀で剃ってからピンセットで抜いていて、自分ではそこそこ綺麗に処理出来ていると思っていました。でも人から見れば脇が青黒くなっているようで、そこから脱毛を意識するようになったのです。

 

最初に脱毛をしたのは21歳の夏でした。除毛クリームで脇や手元、胸元、手足と自己処理出来る部分は残さずやりました。でも除毛クリームでは、私の剛毛は退治できずに半分以上毛が残っていました。次に22歳の冬に家庭用脱毛器を買って、冬~春の終わりにかけてじっくり脱毛しました。

 

これはなかなか効き目があったのか、鼻下や顎、手元や手足はそこそこ綺麗になりました。しかし脇だけはどうしても上手くいかなかったので、医療クリニックのレーザー脱毛を受ける事にしました。これは24歳の時です、確か季節は春だったと思います。脱毛をして苦労したなと思うのは、お金と時間が結構かかった事です。

 

除毛クリームは肌荒れしてその肌荒れを治すまで、ちょっと時間がかかってしまいました。家庭用脱毛器は5万以内の物でしたが、時間がかかった割りにはあまり期待通りにはいきませんでした。医療クリニックでのレーザー脱毛は、8回通って合計70万かかりました。月1回痛みに耐えながら施術を受けるのが大変でした。

 

でもレーザーの効果か、6回通った頃からあの青黒かった脇も、段々毛が生えなくなってきました。ついでにVIOと背中も行いましたが、8回通い終わる頃にはツルツルになっていたのです。自分1人ではこんなに綺麗な肌になれなかった、そう考えるとかかったお金も安い方かなと思いました。

 

何よりあの脇がここまで白くなるのか、と思う程今までと全然違うのです。レーザーは痛みがありますが、あまり痛い場合はクリーム麻酔を使ってもらえます。私も痛みに耐えられなくなったので、途中からクリーム麻酔を塗って行いました。でも我慢した分、ちゃんと綺麗になれてよかったです。

 

これから脱毛を考えている人は、無理な自己処理をして埋没毛を作ってしまわないように注意しましょう。あまり肌の状態が良くないと、脱毛してもその効果を得られない事があります。特に埋没毛は施術しても反応しない事があるのです。それから自分の肌の状態に合わせて脱毛方法を選んだ方がいいです。

 

例えば乾燥肌や敏感肌の人なら、エステサロンで施術してもらった方が、アフターケアがしっかりしている場合があります。サロン選びはしっかりと時間をかけて行いましょう。